根管治療|福岡市西区姪浜の歯医者なら池尻歯科医院

ENDODONTIC

根管治療とは歯の根にある神経の治療です。歯の中にある神経は栄養を行き届かせ、歯が割れることを防いだり、膿が溜るのを防いでくれる大事な部分です。
当院では、虫歯が進行し神経まで達した場合でも、根管(歯の根の部分)の菌の除去を行い、神経を残していくこと目指し治療を行っています。虫歯の影響で神経が残せない場合は、神経を取り除き歯根部分だけでも残すことで、極力ほかの周囲の歯への負担を軽減するため提案していきます。これは非常に細かい処置ですが、当院はマイクロスコープを導入しておりますので、精密な治療が可能です。

神経を残せるか残せないかの基準

当院ではマイクロスコープを導入しておりますので、神経が保存できる可能性が高いのか、除去したほうがいいのかを拡大することで精密に検査することができます。

神経保存できる可能性が高い場合

歯を削って神経(歯髄)が露出すると、出血することがあります。消毒剤を使用して止血できた際は、歯髄を保存できる可能性が高いです。

神経を残せない場合

歯髄を露出させて出血がない場合や、止血できない場合は、細菌により血管が破壊されていることが考えられるため神経を抜く根管治療を行います。

神経が保存できる場合の治療

虫歯の菌が神経や神経付近まで進行した場合には、神経を抜く処置が一般的です。しかし神経を抜いた歯は脆くなり、その後の長期的な維持は望めません。
そこで、当院では、歯の健康寿命を長く保つため、神経を残す治療を行っています。虫歯を除去し、MTAセメントという材料を使用することで、神経の保護・保存することが期待できます。

神経を抜く場合の治療

重症化した虫歯は歯の根まで感染が広がり炎症を起こします。この場合や神経が死んでしまっている場合には、神経を抜くことになります。神経を除いた後は管の中を消毒し、薬剤を詰めて密閉することで無菌に限りなく近い状態にします。

ページトップへ