医院の特徴|福岡市西区姪浜の歯医者なら池尻歯科医院

CHARACTERISTIC

削り過ぎない、抜かないための治療方針

当院では、患者さんに生涯にわたり、ご自身の歯で美味しく食事をして頂くために、他院で歯を抜きます、歯の根(神経)をとりますと言われるような状況でも、可能な限り低侵襲な歯科治療を心掛けております。

また、どうしても歯を抜くしかなく、抜いてしまった後でも、美味しく食事ができ、

生活の質(QOL)

を保持するために、患者さんにあった入れ歯を提供するよう、心掛けております。

当院の取り組み

1低侵襲な歯科治療

当院では、マイクロスクープを使用し、可能な限り歯を保存するように務めています。

肉眼での確認が難しいようなところもマイクロスコープを使用することによって、虫歯になっているところを見逃さないようにしております。虫歯が進行し神経まで到達しているような場合でもですぐに神経をとるのではなく、進行している部分のみを除去し神経を保存する治療を行います。
歯の根の治療をする場合も、マイクロスコープを使用し感染している部分の取り残しを見逃さないようにしております。

また、歯を削った後につける詰め物や被せ物も、ダイレクトボンディングという方法で行う場合が多く、従来の被せ物や詰め物とは違い、型を取る必要がないために、削るのが最小限で済みます。

2治療前と後の説明

当院では、マイクロスクープを使用して、お口の中を写真や動画で録画しております。マイクロスクープが無い場合ですと、手鏡を持って頂きご説明をするのですが、お口の中が暗い上に、小さな歯を見えるので、伝わりづらい説明となっていました。マイクロスクープの場合は、明るく照らしたお口の中を拡大した写真や動画をお見せしながらの説明となりますので、患者さんに説明するだけなく、伝わる説明を心掛けております。

3滅菌・消毒

オートクレーブ滅菌器「Lisa」
ドイツ製の洗浄機「Miele(ミーレ)」

当院では、ヨーロッパ基準クラスBのオートクレーブ滅菌器「Lisa」やタンパク質なども洗浄できるドイツ製の「Miele(ミーレ)」を導入し、治療や手術に使用した治療器具を徹底的に洗浄し、滅菌・消毒を行っております。洗浄、滅菌・消毒後には、1セットごとに滅菌パックで密封し保管しています。

ページトップへ